アパレル

一概に常にこれら総てを着用しなければならないわけではなく、状況に応じて必須なウェアを選ぶようにしましょう。

それにより、当たり前のTシャツなどではなく、スポーツ用の汗を素早く吸い取ってくれる素材のものを選ぶようにしましょう。

肌に近い側から、保湿や吸汗速乾のための「ベースレイヤー」、シャツやフリースなど、暖かい空気を蓄える働きのある「ミッドレイヤー」、ミッドレイヤーが蓄えた熱を外に逃がさないようにして、更に雨や風から守るための「アウター」があります。

なお、このところではユニクロのヒートテックなど、汗を熱に変える素材でできたインナー材質も数多く販売されているため、冬の本格登山には是非採りいれていきたいところです。

レイヤリングにおいて野外活動ウェアは大きく3層に分ける事ができます。

土台レイヤーにおいて必須なのは、汗を整然と吸って程よくに乾かすことが可能なことです。


セントジェームス モーレ

name
email
url
comment