トイレ

日本の便所は大きく分類て3つに分類される。

なお、便器(トイレ)にもJIS規格によりその大きさ(長さ、深さ、幅など)が定められている。

そのうち最も古くからあるものはしゃがんで用を足すもので、和式(わしき)と呼ばれる。

また、これらの便器には、それぞれ水が流れるタイプと流れないタイプがあり、大便器に関しては便器に水が流れるものは水洗式便所、流れないものは落下式便所(ボットン便所)と呼ばれる。

第二次世界大戦後には西ヨーロッパから座って用を足す便器(洋式(ようしき)と呼ばれている)や男性用小便器が輸入され、一般的になった。



トイレ空き状況

name
email
url
comment