レンタカー

免許取得後1年未満の初心運転者が運転する場合は、レンタカーであっても初心運転者標識を掲示しなければならない。

意思疎通が困難であるとして貸渡を行わない企業もある一方、英語表記のパンフレットを組み立てしたり、レンタカー業務に必要な程度の英語を話せるスタッフを置く会社もある。

ショップで提供がある場合でも在庫に限りがあることを念頭に、あらかじめ私物を準備する事が望ましい。

但し、マカオと香港の運転免許については、返還前のポルトガルとイギリスが条約加盟国であった事から、国際免許で借り受け・運転できる。

近年増加している中国人観光客へは貸し出せない(中華人民共和国がジュネーブ条約非所属国であり、日中間における取り決めもなく、日本の運転免許決まりと同等水準と見なされていない)。

データベースなどで調査のうえ、過去に大きな事故や借逃げ歴があるケースには貸渡しを拒否される場合もある。

そして、レンタカーを強盗や窃盗、誘拐などの犯罪の手段として使用したり、2006年からは貸渡中のレンタカーが駐車違反となり、借受人が警察署に出頭して反則金を納付しなかった(レンタカー企業に放置違反金が請求されたり継続車検が不可能であるなど、所有者であるレンタカー会社の損害となった)時、一般社団法人全国レンタカー協会のデータベースに登録され、情報交流によって以後は加盟各社(全国大半のレンタカープロ)で貸渡が拒絶される。

外国人が国際運転免許証、または現地の運転免許証と日本語訳文を持って借り受けることもできるである。

借受人が有効な運転免許証を所持している事が絶対的な最低条件である。

一部のレンタカー会社は取得後もう(初心運転者)のレンタルも受け付けるが、運営企業や店舗によっては取得後の経過月数・期間で貸渡を拒否されたり、熟練運転者の同乗を義務付けたり、所定の自動車保険補償額の増額(有料)か、反対に車両補償仕組みの適用ができない事(運転ミスなどで車両に損害・損傷が生じた際は自身の加入する車両保険または耳を揃えて自腹となる)を要件に貸し出す場合もある。

スポーツタイプや輸入車の車種を借り受ける時、取得後5年以上経過している事やクレジットカードによる支払が要件という会社もある。

しかも、レンタカー会社によっては、暴力団排除条項を設け、暴力団など反社会的勢力やその関係者への貸し渡しを禁じている。

2014年5月28日には暴力団関係者であることを隠してレンタカーを借りたとして、暴力団関係者が詐欺容疑で逮捕された。


軽キャンパー レンタル

name
email
url
comment