時計

"サイズの制約が困難な腕時計の技術でスイスやアメリカの製品に比肩することは容易でなく、日本製腕時計への評価は当の日本でも第二次世の中大戦後まで決して高くなかった。

上級金額帯ではオメガやロンジン、廉価品ではエニカ、ジュベニア、シーマといったスイス系銘柄の人気が高かった。

日本では1913年、服部時計店が国産初の腕時計「ローレル」を発売しているが、その7石ムーブメントは懐中時計との共用品であった。

1957年時点でも日本の腕時計市場ではスイス製品が大いに奥行きを利かせ、スイス時計は年間で約200万個程度が流入していたが、そのうち正規ルートで輸入されたのは30万個程度であとの大ところは密輸入だったという[16]。"
Handmade watches

name
email
url
comment